キリスト教徒をいじめることで専制政治になりつつあるカナダ

ラエル氏のコメント:
「『カナダ権利と自由憲章』では、すべての人が良心、宗教、平和的集会、結社の自由という基本的な自由を有するとしています。」Micah Curtis/Game & Tech 誌 ジャーナリスト

カナダの教会は、権利と自由の憲章で宗教や集会の権利が保護されているにもかかわらず、Covid-19制限の積極的な取り締まりを受けています。 なぜキリスト教徒が狙われているのでしょうか?

Covid-19の危機が始まって1年以上が経ちました。 その間にワクチンが開発され、世界中で配布されており、みんなが普通の生活に戻れることを願っています。

しかし、パンデミックの際、政府による規制で次々と問題が発生したのがキリスト教徒です。 凍てつく大地であるカナダでは、教会に戻りたいと願うキリスト教徒が狙われているようで、緊張感が漂い始めています。

続きを読む

元記事はこちら

Kunin ang katotohanan

Basahin ang mga mensahe na ibinigay sa amin ng aming mga tagalikha habang nakatagpo si Rael sa UFO noong 1973!

Iba pang mga kaganapan

Sundan mo kami

Akademya ni Rael

you might also like

Without a fixed address

RAEL’S COMMENT:  SDF means without a fixed home. No relation to the level of wealth. One may well be rich and without a fixed home. …

77 years ago

RAEL’S COMMENT:  It was a Boeing

Island paradise?

RAEL’S COMMENT:  Alone wonderful!  But with all these boats it is horrible!

What soul?

RAEL’S COMMENT:  There is no soul