キリスト教徒をいじめることで専制政治になりつつあるカナダ

ラエル氏のコメント:
「『カナダ権利と自由憲章』では、すべての人が良心、宗教、平和的集会、結社の自由という基本的な自由を有するとしています。」Micah Curtis/Game & Tech 誌 ジャーナリスト

カナダの教会は、権利と自由の憲章で宗教や集会の権利が保護されているにもかかわらず、Covid-19制限の積極的な取り締まりを受けています。 なぜキリスト教徒が狙われているのでしょうか?

Covid-19の危機が始まって1年以上が経ちました。 その間にワクチンが開発され、世界中で配布されており、みんなが普通の生活に戻れることを願っています。

しかし、パンデミックの際、政府による規制で次々と問題が発生したのがキリスト教徒です。 凍てつく大地であるカナダでは、教会に戻りたいと願うキリスト教徒が狙われているようで、緊張感が漂い始めています。

続きを読む

元記事はこちら

Découvrir la vérité

Lisez les messages que nous ont transmis nos créateurs lors de la rencontre de Raël avec un OVNI en 1973!

Autres événements

Suivez-nous

RAËL ACADÉMIE

you might also like

Le cerveau pourrait être capable de se réparer lui-même

COMMENTAIRE DE RAËL : Tellement de temps perdu en autorisation réglementaire… Alors qu’un vaccin toxique tuant des milliers de personnes est immédiatement autorisé…

L’ex-directeur du Louvre face à la justice

COMMENTAIRE DE RAËL : L’Europe est toujours prête à piller l’Afrique…

L’Inde décriminalise le travail du sexe

COMMENTAIRE DE RAËL : Une fantastique décision !

Des patients cancéreux réclament des dommages et intérêts à l’opérateur de Fukushima

COMMENTAIRE DE RAËL : Et ce n’est que le début…