「また、何もしないことで不正を働くことも可能なのだ」

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
パレスチナ人のために何もしない人は、ナチスがユダヤ人を絶滅させようとしていた時においても、ユダヤ人のために何もしなかったことでしょう。 少なくとも一部の人々は「我々は知らなかったのだ」と言いましたが、パレスチナ人にとっては誰もがよく知ることなのです!

元記事はこちら

you might also like

コロナ・ワクチンにノー

ラエル氏の見解: 私はきっぱりとコロナ・ワクチンに …

米軍、シリアの占領ガス田付近で「間接的な」ロケット攻撃を受ける

ラエル氏のコメント: アメリカによるもう一つの不法 …

神への信仰を信じていない彼ら

ラエル氏のコメント: 彼らの「全知全能の神」からの …

今に生きるということ

ラエル氏のコメント: 自撮りをするということは、本 …