「もっと冷静になって、神経を落ち着かせればいいんですよ」101歳のロシア人女性が新型コロナを克服した方法を説明する

ラエル氏のコメント:
ポジティブになり、恐れを抱かず…そして、マスクは着用せず!

 

12月26日、カザンで新型コロナをやっつけた老婦人が101歳の誕生日を迎え、退院しました。 この女性は前向きな姿勢のおかげで乗り切ったと医師たちは言っていますが、彼女にはいくつかアドバイスがあるようです。

年金生活を送るマリアム・ナデルシーナさんは、ロシアにあるタタールスタン共和国の首都にある病院で、咳、高熱、軽度の呼吸障害など、中等度の症状で入院したと、主治医のグゼル・ミンガツォワ氏がRTの動画放送局であるRuptlyに語りました。 CTスキャンでは25%の肺損傷を受けていたといいます。

高齢にもかかわらず、わずか8日で回復したナデルシーナさんは、12月25日に病院で101歳の誕生日を迎えました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

West’s selective treatment of Ukrainian refugees

RAEL’S COMMENT:  Th …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …