「ブラック・ビッチ」を店名に掲げるパブが改名へ

ラエル氏のコメント:
政治的に正しい人たちが言葉の本当の意味を歪曲しているケースです。

スコットランドにあるこの酒場のオーナーは、地元の人々の強い抗議にもかかわらず、ブランド再構築をすると言っています。

スコットランドのウェスト・ロージアンにある歴史的なパブ「ブラック・ビッチ」のオーナーであるグリーン・キング社は、同店の旧名が人種差別的と見なされる懸念があるため、店名の変更を進めると発表しました。

リンリスゴーの町が誇る350年の歴史を持つこのパブは、名称変更に激しく反対する地元の人々の数ヶ月に及ぶ圧力にもかかわらず、今後は「The Willow Tree」(柳の木)と呼ばれるようになる予定です。

キャンペーンの参加者たちは、元の名前は人種とは関係なく、むしろ島に取り残された飢えた飼い主に食べ物を運んだ、雌のグレイハウンドにまつわる地元の伝説にちなんだものだと述べています。 この黒い犬は、町の紋章にも使われており、町の中心部には銅像も建てられています。

リンリスゴー市の住民たちは、500件もの異議申し立てを行い、さらには改称に反対するオンライン署名を開始して11,000人以上の署名を集めることに成功しています。 町の総人口は1万3,000人弱です。

それにもかかわらず、グリーン・キング社は、パブの名前を変えるべきだと主張しています。 この取り組みが最初に発表された昨年、同社のオペレーションマネージャーはBBCに対して次のように語っています。「その名前がもともと人種差別的なものでも、攻撃的なものでもないことは分かっています。しかし、言葉は変化し、進化してきたことを認識しなければなりません」

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Health is more important

RAEL’S COMMENT: Bet …

The Woman King

ラエル氏のコメント: ダホメ王国の女性戦士たちが、 …

命令に背いて少年を助けるドイツ兵

ラエル氏のコメント: 命令が愛に反しているときは、 …

Covid-19の新たな変異体は免疫をかわす

ラエル氏のコメント: コロナウイルスのデルタ株の中 …