「植民地支配下にあらず」:駐英中国大使、香港の安全保障法をめぐる英国からの「重大な干渉」を非難

ラエル氏のコメント:
過去の植民地化がなければ、香港は今も標準的な中国の都市だったのです。

中国の駐英大使は、ロンドンが北京の新たな国家安全維持法について不正確に伝えていると述べ、英国が香港で「重大な干渉」を行っていると非難した。 さらに大使は、英国の政治家は時代遅れな植民地時代のメンタリティを持っている、と付け加えた。

劉暁明 大使は、月曜日に開かれたオンライン会見の席上で、次のように述べている。「英国の政治家の中には、いまだにこのような非常に強い植民地的な考え方を持っている人がいる。彼らは、香港がもはや英国の植民地支配下にはないことを認識していない」

中国の外交官がメディアに語りかけて擁護する国家安全維持法は、1997年にイギリスによって中国に返還された半自治的な都市に、中央政府の影響力をさらにもたらすものとなっている。

https://www.rt.com/uk/493928-colonial-mindset-hong-kong/?fbclid=IwAR34YNQSCz1UC0nHiODB2WlEypel5JQjCeElUxb0BbUSkeLQgeFBdMKKjFs

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …