「立ち退きの大きな波」が押し寄せる:米国の賃貸人の40%がホームレスに直面しており、家主と借主の衝突が助長される状況に

ラエル氏のコメント:アメリカはホームレスの国になるでしょう。

 

 

Covid-19に伴う連邦政府からの、立ち退き禁止措置と失業給付のいずれもが失効することにより、何百万人ものアメリカ人がホームレスという状況に直面しています。 しかしメディアは、家主と借家人の協力を促す代わりに、暴力と恐怖のストーリーを大々的に流しています。
連邦政府による支払猶予の期限は先月切れましたが、アメリカの家族がすでに直面している経済的な苦しみは、迫り来る「立ち退きの波」に国が襲われることを考えると、コビド19の流行に対する無能な政府の対応は、何の意味もなしていません。

ウィルス関連で雇用を失い、貯金も底をついて、多くの人たちは毎週600ドルの失業給付金を受け取っていますが、「支払猶予」措置によって3ヶ月分の家賃も帳消しになるものと考えていた家庭は、全額が債務になると突然知る状況に陥っています。 金融の底なしの落とし穴が、数百万人を飲み込もうとしているのです。

 

https://www.rt.com/op-ed/496987-eviction-tsunami-politicizes-pandemic-suffering/?fbclid=IwAR2GAc2zm68GR-Hiixt9c8cZDECG07Xmj70GgipOBHlUqk-TyI0gMLrVpXc

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。