「自分の弱みを王冠のように頭上に戴くのよ」:総合格闘家のクラウディア・ガデーリャ氏が再び肌を露出し心揺さぶるメッセージを送る

ラエル氏のコメント:
「他人の目に自分がどう映っているかをよくわきまえる、なんて全く重要じゃない。自由とはそういうもの」~クラウディア・ガデーリャ氏

総合格闘技UFCでトップランクに名を馳せる格闘家のクラウディア・ガデーリャ氏が、ふたたび一糸まとわぬ姿となり、インスタグラムの100万人近いフォロワーに向け「自分の弱みを王冠のように頭上に戴くのよ」とポジティブなメッセージを広め伝えています。

ストロー級に所属するこのブラジル人は、タトゥーが彫られた裸体を写真におさめ、そのキャプションには次のように記しています。 「自分の弱みを王冠のように頭上に戴くのよ。 それがトゲや野草でできていようとも」 [sic] 英語とともにポルトガル語も添えられています。

UFCで15人目のパウンド・フォー・パウンド女性ファイターとなる彼女が、先月末に撮影して投稿した一連のヌード写真には、「自由」という語と共に、思いを馳せるこんな言葉が添えられていました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。