がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント:
それは序章に過ぎません…。

東京地裁は木曜日、6人のがん患者が事故を起こした福島原子力発電所の運営会社を相手取って起こした画期的な訴訟の審理を開始しました。 原告らは、2011年の震災時(大地震とその後の津波で原発が機能不全に陥った時)に子供だったため、その後に甲状腺がんを発症しました。

同原告グループは、福島原発の事業者である東京電力ホールディングス(TEPCO)に対し、総額6億1600万円の損害賠償を求めています。 原告らは、自分たちの病気や生活に与えた影響について、原発の経営陣に責任があると考えています。

原告の一人である20代の女性は、「治療のために、大学に通うことも、将来の仕事のために勉強を続けることも、コンサートに行くこともできなくなりました。すべてをあきらめなければならなかったのです」と法廷で語っています。 「健康な体を取り戻したいですが、いくら願ってもそれは無理な状態なのです」

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

West’s selective treatment of Ukrainian refugees

RAEL’S COMMENT:  Th …

Tennis icon claims booing ‘fuels’ Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …