夜空に木星と土星が並ぶ

ラエル氏のコメント:

そして…「世界の終わり」は見当たりません。 天文学的な出来事と連動した破滅的な出来事や(マヤ暦やノストラダムスなど…)過去の予言を、なんとしても予測したい人たちの過ちが改めて明らかになっています。 誰も未来を予測することはできませんし、空で起きる現象も全く意味がありません。 またこの「整列」は、たんに地球から見て「整列」しているだけであって…無限の宇宙においては、地球は無意味な惑星なのです。

 

木星と土星が夜空ですれ違い、肉眼には「二重の惑星」として現れています。

地球から見て惑星同士が天球上で互いに重なっているこのコンジャンクションと呼ばれる現象が発生するタイミングには、天変地異が起きるとして知られていることから、“ベツレヘムの星”として知られる、2,000年前の空に明るい光を放っていたものではないかとの指摘も出ています。

“ベツレヘムの星”として知られる、2,000年前の空に明るい光を放っていたものではないかとの指摘も出ています。

この惑星同士は毎夜、次第に接近しており、12月21日に最接近点に達しました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。