アパルトヘイト国のイスラエルに殺害されたラハフ・アル・マスリ君

ラエル氏のコメント:
ウクライナにまるわるロシアへの制裁は数多く発動されているのに、どうしてイスラエルへの制裁はないのでしょうか?

イスラエルとハマスの戦争が始まってわずか数分後、ガザのジャバリヤでバラア・アル・ガラブリーという5歳の男の子が殺害されました。

5月10日夜、同様の攻撃で16歳のムスタファ・オバイド君も殺害されています。

また同じ頃、ガザのベイト・ハヌーンで4人のいとこ、ヤザン・アル・マスリ(2歳)、マルワン・アル・マスリ(6歳)、ラハフ・アル・マスリ(10歳)、イブラヒム・アル・マスリ(11歳)が殺害されました。

従兄弟のムクリス・アル・マスリさんは「心は粉々です」と語っています。 「私たち家族の痛みは筆舌に尽くしがたいものです」

編注:「最近のイスラエルとハマスの紛争で殺害された少女のニュースを共有するソーシャルメディアユーザーが、その子の誤った写真を使用しています。この画像は、実際には、2015年に撮影された身元不明の少女のものです」

誤報記事

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Meta to restore Trump’s accounts

RAEL’S COMMENT: The …

ノルウェーのエコロジー

ラエル氏のコメント: 木々が増えています! 森林破 …

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

旧植民地がフランス軍に退去を命令

ラエル氏のコメント: 朗報!