アメリカ発見の “起源” を問う古文書

ラエル氏のコメント:
アメリカを “発見” した人々は、自分たちがアメリカの存在を知らなかったことを発見しただけです…。

クリストファー・コロンブスの生誕地であるジェノバの船乗りたちは、コロンブスの有名な発見の約150年前にアメリカを知っていたことが、新しい古文書の分析により明らかになりました。 実際、1345年にミラノの兄弟ガルヴァネウス・フランマが書いた『Cronica universalis』には、グリーンランドの西に位置する「マルカラダと呼ばれる土地」について記されています。 この土地は、アイスランドのいくつかの資料で言及されているマークランドと認識されており、専門家は北米の大西洋岸の一部であるとしています。

ガルヴァネウスはミラノに住んでいたドミニコ会の兄弟で、主に歴史をテーマにしたいくつかのラテン語の文学作品を書いていました。 ミラノ大学の中世ラテン文学の専門家であるパオロ・キエーザ教授は、彼の作品の一つである『Cronica universalis』(1339年から1345年頃に書かれたと思われる)を調べていて、この驚くべき発見をしました。 ガルヴァネウスの後期のものの一つとされるこの作品は、「天地創造」から執筆者の時代までの、全世界の歴史を詳細に記述することを目的としていましたが、未完に終わっています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …