raelian movement logo_White
検索
Close this search box.

アメリカ発見の “起源” を問う古文書

Home > ラエル > ラエルのコメント

ラエル氏のコメント:
アメリカを “発見” した人々は、自分たちがアメリカの存在を知らなかったことを発見しただけです…。

クリストファー・コロンブスの生誕地であるジェノバの船乗りたちは、コロンブスの有名な発見の約150年前にアメリカを知っていたことが、新しい古文書の分析により明らかになりました。 実際、1345年にミラノの兄弟ガルヴァネウス・フランマが書いた『Cronica universalis』には、グリーンランドの西に位置する「マルカラダと呼ばれる土地」について記されています。 この土地は、アイスランドのいくつかの資料で言及されているマークランドと認識されており、専門家は北米の大西洋岸の一部であるとしています。

ガルヴァネウスはミラノに住んでいたドミニコ会の兄弟で、主に歴史をテーマにしたいくつかのラテン語の文学作品を書いていました。 ミラノ大学の中世ラテン文学の専門家であるパオロ・キエーザ教授は、彼の作品の一つである『Cronica universalis』(1339年から1345年頃に書かれたと思われる)を調べていて、この驚くべき発見をしました。 ガルヴァネウスの後期のものの一つとされるこの作品は、「天地創造」から執筆者の時代までの、全世界の歴史を詳細に記述することを目的としていましたが、未完に終わっています。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

極度の寒さがロシアを襲う

ラエル氏のコメント: 地球温暖化ですか?

ナショナリズムがついに消滅へ
ラエル氏のコメント: 素晴らしい傾向です。 愚かな ...
汝殺すなかれ、隣人を愛せよ
ラエル氏のコメント: 教会や寺院に通う人々によって ...
カインの目
ラエル氏のコメント: 世界で起こっていることを踏ま ...