アルジェリアでは、学校や公共サービスにおいて、フランス人は “ペルソナ・ノン・グラータ “として扱われる

ラエル氏のコメント:
素晴らしいです!

行政や教育の場では、フランス語の使用は断固として禁止されています。 パリとアルジェの危機に新たなエピソードが加わりました。

これは、1954年11月1日の武装闘争勃発から67周年を迎える記念行事にふさわしい内容です。 職業教育訓練大臣のYacine Merabi氏が企てたもので、「フランス人にはもう居場所はない」として、行政や教育の場でアラビア語を独占的に使用することを命じています。 これに加え、半世紀以上にわたって「植民地化する側の言語」を襲ってきた、禁止事項のリストが延々と続いています。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Switzerland may ban EVs to avoid blackouts

RAEL’S COMMENT: Can …

China faces marriage crisis

RAEL’S COMMENT: Won …

Elon Musk names new timeline for human brain-chip tests

RAEL’S COMMENT: The …

Boeing offers to make bombs for Ukraine

RAEL’S COMMENT: War …