イギリス:反人種差別の抗議者がブリストルにある奴隷商人の像を引き下ろす

ラエル氏のコメント:
それではダメです! 奴隷商人の子孫であるすべての裕福な家系の財産を没収して、奴隷の子孫に分配すべきです。

 

デモ隊にロープで引っ張られて引きちぎられた銅像。 6月7日(日)、イギリスのブリストルで人種差別に抗議するデモ隊が、18世紀に亡くなった奴隷商人エドワード・コルストンの像を引き下ろしました。 1895年に彼の名前を冠した通りに建てられたこの像は、奴隷制度の歴史を持つイングランド南西部のこの町の中心部にあります。

ソーシャルネットワークに投稿され、SkyNewsなどのイギリスのテレビチャンネルで中継された映像によれば、彫像が地上に置かれると、彼らはそれを踏みにじるため大勢が殺到しました。

BBCが報じたように、そのうちの1人が像の首筋にひざまずく姿が映し出されています。 こうして彼は、5月末にアメリカで黒人のジョージ・フロイド氏を窒息させた白人警官のジェスチャーを再現し、人種差別や警察の残虐性に反対する世界的な抗議運動のきっかけを作りました。

 

https://fr.news.yahoo.com/royaume-uni-manifestants-contre-racisme-183519798.html?soc_src=hl-viewer&soc_trk=fb&guccounter=1

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。