イスラエルが設立されるはずだった場所

ラエル氏のコメント:
第二次世界大戦後、ユダヤ人国家が作られるべきであったのは、ユダヤ人虐殺の責任を負う唯一の国、つまりはドイツでした。 ジェノサイドに全く責任のないパレスチナ人の土地を奪う代わりに、ドイツのどこかの州にユダヤ人国家を作ることは容易であり、全世界がその考えを支持したことでしょう。

マックス・イゾドール・ボーデンハイマーは、第1回シオニスト会議に参加し、内部活動委員会のメンバーに選出されました。 彼は1898年、ヘルツルのドイツ皇帝ヴィルヘルム2世との会談に同行した代表団の一員としてパレスチナを訪れます。 ボーデンハイマーはシオニスト会議に参加し、シオニスト運動とユダヤ人国民基金(JNF)の憲法制定に貢献し、ドイツにおけるJNFの理事長を務めました。 第一次世界大戦が勃発すると、彼はJNFのオフィスをケルンからハーグに移します。

ユダヤ人自治区を擁したドイツの従属国家で、後にジュードポロニアとも呼ばれた東欧諸国連盟を設立する構想を練ったのも彼だったようです。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

旧植民地がフランス軍に退去を命令

ラエル氏のコメント: 朗報!

ジョン・ケリー氏がダボス会議で「宇宙人」に言及したスピーチを行って論議を呼ぶ

ラエル氏のコメント: 億万長者のイーロン・マスク氏 …

中国が驚くべき人口数を明らかに

ラエル氏のコメント: 朗報です!