イスラエルが設立されるはずだった場所

ラエル氏のコメント:
第二次世界大戦後、ユダヤ人国家が作られるべきであったのは、ユダヤ人虐殺の責任を負う唯一の国、つまりはドイツでした。 ジェノサイドに全く責任のないパレスチナ人の土地を奪う代わりに、ドイツのどこかの州にユダヤ人国家を作ることは容易であり、全世界がその考えを支持したことでしょう。

マックス・イゾドール・ボーデンハイマーは、第1回シオニスト会議に参加し、内部活動委員会のメンバーに選出されました。 彼は1898年、ヘルツルのドイツ皇帝ヴィルヘルム2世との会談に同行した代表団の一員としてパレスチナを訪れます。 ボーデンハイマーはシオニスト会議に参加し、シオニスト運動とユダヤ人国民基金(JNF)の憲法制定に貢献し、ドイツにおけるJNFの理事長を務めました。 第一次世界大戦が勃発すると、彼はJNFのオフィスをケルンからハーグに移します。

ユダヤ人自治区を擁したドイツの従属国家で、後にジュードポロニアとも呼ばれた東欧諸国連盟を設立する構想を練ったのも彼だったようです。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。