イスラエルによるガザでの大量虐殺は絶え間なく行われているが、欧州はやっと注目し始めたか?

ラエル氏のコメント:
それでも世界は白いキウイ[bird]が死んだことを嘆いています…。

 

2018年に国連が発表した報告書では、2020年までにガザ地区で住むことはできなくなるとしています。

「国連は、2020年までにガザが居住不可能になるかもしれないと発表」と明確に述べられています。 また報告書では次のように強調しています。「1967年以降占領下にあるパレスチナ自治区の人権状況に関する特別報告者のマイケル・リンク氏は、イスラエルが特別報告者のマンデートに執拗に非協力的であることに注意を促す。前任者の2人と同様、イスラエルは自国、および占領下にあるパレスチナ自治区への彼の入国を認めていない」 2020年以前にガザ地区が居住可能だったと思っている人はどうかしています。

ガザ地区は、1948年のシオニストによる民族浄化作戦の余波で人為的に作られて以来、人道的な災害地となっています。 そこはおもに、パレスチナ南部にいるシオニストのテロリストによって、自身の土地から追い出された数十万人のパレスチナ人のための抑留場所として創られた場所です。 貧困に陥り、ホームレスとなったこれらの難民は、手ぶらでの生活を余儀なくされ、現在ではガザ地区の人口220万人の半分以上を占めています。 イスラエルにおいて、パレスチナ人が追放された土地に住むユダヤ人市民の高い生活水準を考えれば、「この長細い土地」は決して「住みやすい」場所ではありませんでした。 今や2020年を迎えましたが、国連の報告書は棚上げされ、何も変わっていません。 ガザ地区では、200万人以上がイスラエルに投獄されたままです。 彼らは、飲料水、電気、医薬品、栄養などの最も基本的なニーズの欠如に苦しんでいます。 またイスラエルは、彼らの基本的な人権を否定しています。イスラエルのユダヤ人は、数分歩いた距離に住んでいるのに、最高の医療、栄養、清潔な水をフルに利用しており、どのような基準からみ見ても、妬まれるような生活水準を享受しています。

続きを読む

What kiwi?

この記事は、人類の名誉ガイドであるミコ・ペレド氏によるものです。

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。