イスラエル政権から奪われたパレスチナ人の家

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
パレスチナのイスラム教徒やキリスト教徒の家屋が、(「イスラエル人の」政権によって)“文字通り”奪われ、ユダヤ人入植者に与えられています。今後4週間以内に、東エルサレムのシェイクジャラ地区に住むパレスチナ人の家族全員が、自分たちの家から不法に追い出され、ユダヤ人入植者に譲渡されることになります。 #SaveSheikhJarrah

追い出される危険性が高まっている家族がいることから、東エルサレム地区ではユダヤ人入植に反対するデモが毎週行われているますが、金曜日には警察官がデモ参加者たちと衝突し、イスラエルの議員の顔を殴る事態が発生しました。

シェイク・ジャラーでのデモには数百人のデモ参加者が参加し、パレスチナ人住民の立ち退きを阻止するよう呼びかけ、いつもの週よりも多くの人が集まりました。

このデモの様子を捉えたビデオ映像には、アラブ系の多数派政党であるJoint Listに所属し、イスラエルの立法府であるクネセトの議員を務めるOfer Cassif氏が警官と口論になり、警官が彼を殴り始める様子が映っています。 Cassif氏のメガネは壊れてしまい、手当てが必要な状況です。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

バイデン氏、予防接種後のマスク着用を擁護

ラエル氏のコメント: 米国大統領が「世界に向けてメ …

死の危険性があっても生きることの方がいい

ラエル氏のコメント: ようやく人々は、死を避けて生 …

ジョージ・カーリン – 細菌への恐怖

ラエル氏のコメント: 何度も何度も聞いてください! …

英国が空母などの軍艦を中国に向けて派遣することについて、「英国の派遣は挑発的なものではない」と国防省の担当者が語る

ラエル氏のコメント: それに対する報復的対応として …