イスラエル:国はもはや「約束の地」ではないと言う人もいる

ラエル氏のコメント
素晴らしい!

 

年々、イスラエルのために自国を去るユダヤ人が増えていますが、ブリュッセルのユダヤ博物館襲撃事件から6年が経過し、その傾向は弱まっています。 それ以上に、今は逆の動きがあるという話が出てきています。 活動家や学者がネタニヤフ首相の国を離れようとしているのです。

アイタン・ブロンシュタインさん(60)とパートナーのエレオノーレ・メルザさん(40)は、ブリュッセルではよく知られた活動家です。 2018年には、1948年にイスラエル国家のためのスペースを作るために土地や家、財産の多くを残さなければならなかった75万人のパレスチナ人についての本『ナクバ(2)』を執筆しましたた。 2002年、ブロンスタインさんは、イスラエルのユダヤ人サークルで、ナクバをタブーの圏外に持ち出し、忘却から救うために活動している組織「Zochrot」の共同創設者の一人ででした。 昨年12月、夫婦はイスラエルで過ごした年月をすべて置いてきました。 それ以来、2人は4歳の息子と一緒にブリュッセルに定住し、イクセルの池のすぐ近くに住んでいます。

移民の場合と同様に、彼らの離脱にはいくつかの理由がありましたが、それは協力なもので、今週の日曜日に3つの汚職事件で裁判官の前に出廷していたベンジャミン・ネタニヤフ首相を後押しする右翼の風潮に関係しており、その結果、警察と司法を攻撃しました。

「ベンジャミン・ネタニヤフが首相を務めていた11年間、イスラエルが優勢なユダヤ人国家であるという考えを信じていない人たちは皆、疎外されていました」とアイタン・ブロンシュタインさんは電話で説明してくれました。

 

Certains estiment que le pays n’est plus « Terre Promise »

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …