インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント:
素晴らしい!

L Nageswara Rao判事率いる3人の最高裁判所判事団は木曜日、インドの風俗労働者は「法の平等な保護を受ける権利がある」と発表し、さらに「刑法は年齢と同意に基づいて、すべてのケースで平等に適用されなければならない」と付け加えました。

風俗労働者が同意した成人である限り、警察は本人たちに対して干渉したり、刑事罰を与えたりしてはならない、という判断が下されたものです。 売春宿の経営が犯罪であることには変わりありませんが、自発的な性労働は違法ではなく、そのような施設の捜査の際、風俗店で働いている人が逮捕されたり、その他の被害を受けたりすることはありません。

判事たちは判決文で次のように記しています。「職業に関係なく、この国のすべての人は、憲法21条により、尊厳ある生活を営む権利を有している」 性産業で働く母親から子どもの親権を奪ってはならないし、風俗店や性産業従事者とともに生活している子どもを人身売買と決めつけてはならないのです。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。

公共サービス広告:もしあなたが、「神が妊娠を望んだのだから」レイプ被害者は赤ん坊を産まなければならないと信じているなら、私に近づくんじゃないよ。

ラエル氏のコメント: この馬鹿げた論理に従えば、レ …