インフルエンザワクチンについて:2020年4月頃

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
インフルエンザ・ワクチンについて:ワクチンを義務化すべきではありません。打つか打たないかは、自由でなければなりません。お伝えしているように、私は73歳になってもインフルエンザのワクチンは一切受けていません。インフルエンザ・ワクチンについて忘れてはならない事実があります。それは、安全なものを作るには、求められるすべてのテストと製造を含めて2年を要するということです。つまり、今年インフルエンザ・ワクチンを接種しても…2年前に人々に感染していたインフルエンザからは、あなたを守ってくれるかもしれません!しかし、インフルエンザウイルスはつねに変異しており、毎年、新しいウイルスが登場します。ですから、2年前に人々を感染させたウイルスに対して作られたインフルエン・ザワクチンが、現在流行しているインフルエンザからあなたを守ってくれるということはあり得ないのです!では、どうすれば良いのでしょうか?それには、強力な免疫システムを構築し、エロヒムの素晴らしい創造物である自分の身体を信じるのです!

元記事はこちら

you might also like

アメリカ発見の “起源” を問う古文書

ラエル氏のコメント: アメリカを “発 …

見る者に非常な満足感を与える男性

ラエル氏のコメント: これが生きているということで …

ヒトに存在する新たに発見された微生物

ラエル氏のコメント: 必見です! ラウール氏は、進 …

オルバン氏率いる4カ国は、移民を受け入れず中絶反対の政策をとったことでEUと衝突することに

ラエル氏のコメント: もっと子供を作り、外国の子供 …