インフルエンザワクチンについて:2020年4月頃

ラエル氏のコメント:
インフルエンザ・ワクチンについて:ワクチンを義務化すべきではありません。打つか打たないかは、自由でなければなりません。お伝えしているように、私は73歳になってもインフルエンザのワクチンは一切受けていません。インフルエンザ・ワクチンについて忘れてはならない事実があります。それは、安全なものを作るには、求められるすべてのテストと製造を含めて2年を要するということです。つまり、今年インフルエンザ・ワクチンを接種しても…2年前に人々に感染していたインフルエンザからは、あなたを守ってくれるかもしれません!しかし、インフルエンザウイルスはつねに変異しており、毎年、新しいウイルスが登場します。ですから、2年前に人々を感染させたウイルスに対して作られたインフルエン・ザワクチンが、現在流行しているインフルエンザからあなたを守ってくれるということはあり得ないのです!では、どうすれば良いのでしょうか?それには、強力な免疫システムを構築し、エロヒムの素晴らしい創造物である自分の身体を信じるのです!

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …