イーロン・マスク、ヒト脳チップのテストに新たなタイムラインを設定

ラエル氏のコメント:
この装置によって、麻痺を患っている人の動きを回復させることができるでしょう。

ニューラリンク社の共同設立者によると、最初の臨床試験に必要な書類のほとんどを提出したとのことです。

イーロン・マスクは、彼の会社であるニューラリンク社が開発した無線チップを用いて、6ヶ月以内に人間の臨床試験に着手できると主張しています。 また、この世界一の富豪は、このバイオテクノロジー新興企業が、麻痺に苦しむ人々の動きを回復させることができると「確信している」とも述べています。

水曜日にカリフォルニアの本社で行われたお披露目イベントでマスク氏は、何百もの細い糸を備えた、いくつかのコインを重ねたような、外科用ロボットによって人間に移植されることを想定した脳コンピューター・インターフェースを披露しました。

このような装置によって、脊髄を切断された人が全身を使えるようになったり、目が見えなかった人が見えるようになったりする可能性があると、マスク氏は主張しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Meta to restore Trump’s accounts

RAEL’S COMMENT: The …

Ecology in Norway

RAEL’S COMMENT: Mor …

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

旧植民地がフランス軍に退去を命令

ラエル氏のコメント: 朗報!