オミクロン株を発見した南アフリカの医師が症状を語る

ラエル氏のコメント:
「これまでのところ、感染者は非常に軽症である」、しかし、メディアは人々を恐怖に陥れるためそれを報道しません…。

コヴィド-19の新種であるオミクロン変異株に感染すると、デルタ変異株とは異なる「異常な症状」が現れると、いち早く発見したうちの一人である南アフリカの医師が発表しました。

南アフリカ医療協会の会長であるアンジェリーク・コッツィー医師が、日曜日にBBCへ語ったところによると、新型株に感染したコビットの患者は11月18日頃から現れ始めたと言います。 最初の患者は30代の男性で、数日前から「非常に疲れた」と話し、体の痛みや「少し頭痛がする」とも言及したとしています。

この患者さんには、咳や味覚・嗅覚障害など、デルタ株やこれまでのコビド19型で典型的に見られる症状はなく、喉の痛みではなく「喉がいがらっぽい感覚」があったと先生は付け加えています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。