オランダはキリスト教政党の反対にも関わらず子どもの安楽死を合法化

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
素晴らしい決定です!

 

オランダ政府は、末期の病気の子供が1歳であっても、医師が安楽死させることを認めましたが、これによりオランダは幼い子供の安楽死を認める世界で2番目の国となります。

厚生大臣のフーゴー・デ・ヨング氏は火曜日、今回の変更に関する議会に宛てた書簡で、「絶望的で耐えられないほど苦しんでいる、少数グループの末期の子供たち」を助けるために必要な決定であったとしています。

この決定にって法律が改正されることはありませんが、一定の条件で親の同意を得て子どもの命を絶ったとしても、医師の起訴は免除されます。 これまでは、新生児とティーンエイジャーしか安楽死させることができませんでしたが、これにより1歳から12歳までの子供も安楽死の対象となります。

オランダでは年齢に関係なく、安楽死の候補者は「耐え難い、果てしない苦しみ」を抱えていなければならず、「真摯に、完全な信念を持って」死を求めなければなりません。 手続きには、2人の医師の承認が必要となります。

オランダは2001年に安楽死を合法化し、世界で初めての国となりました。 2014年には、ベルギーが児童の安楽死を合法化した最初の国となりました。

このオランダ政府の決定は、同国の2大キリスト教政党であるキリスト教民主アピール(CDA)とキリスト教連合(ChristenUnie)が反対していました。 フーゴー・デ・ヨング大臣自身はCDAのメンバーですが、最近発表された医師からの強い支持を示す研究に基づいて、この動きを支持しました。

https://www.rt.com/news/503521-netlernalds-legalizes-child-euthanasia/?fbclid=IwAR1ykSmcq_7oQUbkqqCieBWDj8qlsdyA9QSdH_CNB5zlTvHdIW2APZxzZ0M

you might also like

アメリカ発見の “起源” を問う古文書

ラエル氏のコメント: アメリカを “発 …

見る者に非常な満足感を与える男性

ラエル氏のコメント: これが生きているということで …

ヒトに存在する新たに発見された微生物

ラエル氏のコメント: 必見です! ラウール氏は、進 …

オルバン政権の4人組は、移民を受け入れず中絶反対の政策をとったことでEUと衝突することに

ラエル氏のコメント: もっと子供を作り、外国の子供 …