カリブ諸島のバルバドス国、エリザベス女王を国家元首とする制度を廃止へ

ラエル氏のコメント:
カナダやオーストラリアなど、多くの「大国」が彼女をいまだに公式の「国家元首」としているのは驚きです…。

 

エリザベス女王を国家元首から外して共和制にする意向をバルバドスが明らかにした。

「植民地時代の過去を完全に葬る時が来た」とカリブ海の島国政府は述べた。

2021年11月に迎えるイギリスからの独立55周年に間に合わせることを目指している。

ミア・モトリー首相が書いた演説では、バルバダ人はバルバダ人の国家元首を望んでいると述べている。

「これは、私たちは何者であるか、何を達成する能力があるかという自信を究極に示すものです」と、スピーチが読み上げられた。

バッキンガム宮殿は「これは、政府とバルバドスの人々の問題です」と語ったという。

バッキンガム宮殿の情報源によると、このアイデアは「唐突なものはない」と述べ、「議題に載せられ、公に話がなされた」と、BBCの王室特派員ジョニー・ダイモンドは述べている。

声明は、新年度の国会開催に向けた政府の政策やプログラムの概要をまとめた、議会開会の式辞の一部で述べられたもの。

総督が読み上げるものであるが、その原稿については首相が書いている。

演説では、「植民地の土地をアテもなく放浪」すべきではないという、独立後のバルバドス初代首相エロール・バロウの警告も引用されている。

https://www.bbc.com/news/world-latin-america-54174794?fbclid=IwAR07JdGDiuRysKqgMKtbGop5ql76rgs3ZM8fO4pz_Ok2Qx8b-fQOHiEu-TU

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …