カンタス航空は国際線の利用者に新型コロナの予防接種を義務付けることをCEOが明らかに

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
この場合、このCEOは、旅行者にもうマスクの義務化を求めないと言わなければなりませんが….彼はそうしないでしょう。とにかくカンタス航空をボイコットです!

 

オーストラリアのカンタス航空社長によると、すべての国際線利用者に対し、搭乗前に新型コロナのワクチン接種を行うよう求めることを計画しており、同様の方針が世界的に採用されるだろうとの見通しを披露した。

オーストラリアのテレビ・ニュース番組「A Current Affair」によるインタビューの中でアラン・ジョイス氏は、新型コロナウイルスのワクチン接種について、国内線では必要ないかもしれないが、オーストラリアに出入りする国際線では「不可欠」になると説明した。

「海外からの旅行者に対しては、航空機に乗る前に予防接種を受けるようにお願いします、と規約を変更することを検討しています」

続きを読む

you might also like

As We Hold Them Accountable, Police Across the U.S. Are Quitting in Record Numbers

RAEL’S COMMENT: Pol …

死を歓迎しましょう!

マイトレーヤの投稿文: 人々は今、死ぬことを恐れて …

Living on the site of a nuclear blast?

RAEL’S COMMENT: Imp …

The world’s first 3D printed steak

RAEL’S COMMENT: Can …