キリスト教徒をいじめることで専制政治になりつつあるカナダ

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
「『カナダ権利と自由憲章』では、すべての人が良心、宗教、平和的集会、結社の自由という基本的な自由を有するとしています。」Micah Curtis/Game & Tech 誌 ジャーナリスト

カナダの教会は、権利と自由の憲章で宗教や集会の権利が保護されているにもかかわらず、Covid-19制限の積極的な取り締まりを受けています。 なぜキリスト教徒が狙われているのでしょうか?

Covid-19の危機が始まって1年以上が経ちました。 その間にワクチンが開発され、世界中で配布されており、みんなが普通の生活に戻れることを願っています。

しかし、パンデミックの際、政府による規制で次々と問題が発生したのがキリスト教徒です。 凍てつく大地であるカナダでは、教会に戻りたいと願うキリスト教徒が狙われているようで、緊張感が漂い始めています。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Bill Gates introducing Windows 3.0

RAEL’S COMMENT: And …

Logging drivers near Glens Falls, New York, on the Hudson River, 1907.

RAEL’S COMMENT: How …

The Arctic then and now.

RAEL’S COMMENT: The …

1943, Operation Gomorrah

RAEL’S COMMENT: Ter …