グアンタナモで16年間収容されていた最高齢者が無罪釈放される

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
犯罪国家の米国。 この人は何百万ドルもの損害賠償を受けるべきです。

キューバのグアンタナモ湾にある米国の収容施設で、20年以上にわたり収監されていたパキスタンの高齢男性が、釈放の許可を得たと弁護士が発表しました。

サイフラー・パラチャさんは、アルカイダとの関係を疑われて16年間にわたり投獄されていましたが、捕虜になっても罪に問われることはありませんでした。

パラチャさんはパキスタンの裕福なビジネスマンで、ニューヨークに不動産を所有していました。 しかし、9月11日の同時多発テロの共犯者2人を金融取引で助けたアルカイダの「世話役」であると米国当局に指摘され、彼の人生は一転することに。 パラチャさんは、彼らがテロリストグループに属していることは知らなかったと主張するも、 米国は2003年、タイで彼を捕らえ、1年後にグアンタナモ収容所へ移送していました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Maitreya Rael awarded the title of Honorary Guide of Humanity to Novak Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

Unvaccinated to face special tax in Quebec, Canada

RAEL’S COMMENT:  Of …

コロナ混乱後の映画館&劇場の閉鎖に関して裁判所が判断を下す

ラエル氏のコメント: ようやく、いくつかの真の民主 …

ロシアの薬がデルタ株とオミクロン株の両方に有効であることを科学者が証明

ラエル氏のコメント: 法律は非常に明確で、どんな病 …