グアンタナモで16年間収容されていた最高齢者が無罪釈放される

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
犯罪国家の米国。 この人は何百万ドルもの損害賠償を受けるべきです。

キューバのグアンタナモ湾にある米国の収容施設で、20年以上にわたり収監されていたパキスタンの高齢男性が、釈放の許可を得たと弁護士が発表しました。

サイフラー・パラチャさんは、アルカイダとの関係を疑われて16年間にわたり投獄されていましたが、捕虜になっても罪に問われることはありませんでした。

パラチャさんはパキスタンの裕福なビジネスマンで、ニューヨークに不動産を所有していました。 しかし、9月11日の同時多発テロの共犯者2人を金融取引で助けたアルカイダの「世話役」であると米国当局に指摘され、彼の人生は一転することに。 パラチャさんは、彼らがテロリストグループに属していることは知らなかったと主張するも、 米国は2003年、タイで彼を捕らえ、1年後にグアンタナモ収容所へ移送していました。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Orban’s gang of 4 rejecting immigration in favor of pro-family policies

RAEL’S COMMENT:  Ma …

EUの外交政策責任者が「我々の」アフリカに立ち入らないようにと告げる

ラエル氏のコメント: ヨーロッパ人がアフリカを自分 …

Windows 3.0を紹介するビル・ゲイツ

ラエル氏のコメント: そして、人々はワクチン接種に …

ハドソン川の伐採作業員たち(1907年 ニューヨーク州グレンフォールズ付近)

ラエル氏のコメント: 森林伐採によっていかに地球が …