グアンタナモで16年間収容されていた最高齢者が無罪釈放される

ラエル氏のコメント:
犯罪国家の米国。 この人は何百万ドルもの損害賠償を受けるべきです。

キューバのグアンタナモ湾にある米国の収容施設で、20年以上にわたり収監されていたパキスタンの高齢男性が、釈放の許可を得たと弁護士が発表しました。

サイフラー・パラチャさんは、アルカイダとの関係を疑われて16年間にわたり投獄されていましたが、捕虜になっても罪に問われることはありませんでした。

パラチャさんはパキスタンの裕福なビジネスマンで、ニューヨークに不動産を所有していました。 しかし、9月11日の同時多発テロの共犯者2人を金融取引で助けたアルカイダの「世話役」であると米国当局に指摘され、彼の人生は一転することに。 パラチャさんは、彼らがテロリストグループに属していることは知らなかったと主張するも、 米国は2003年、タイで彼を捕らえ、1年後にグアンタナモ収容所へ移送していました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。