Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
誤った情報にもとづく警告を発しているのはFacebookの方です! この医学博士が語っていることのほとんどは、全くの真実です。

ライアン・コール博士は、アイダホ州で最大規模の独立系ラボであるCole Diagnostics社のCEO兼メディカル・ディレクターです。 コール博士はメイヨークリニックで訓練を受けた米国公認の病理学者です。 解剖学および臨床病理学の学会認定医でもあります。 免疫学とウイルス学の専門家であり、また、皮膚病理学という下位専門領域の専門家でもあります。 彼はこれまでに35万人以上の患者を診てきており、過去1年間で10万件以上のコロナ検査を行っています。 コール博士は、私たちが見落としていたかもしれない公衆衛生対策に関する科学とデータ、そして誰もが受けられるようにすべき治療法について次のように語っています。

「通常状態を示すDレベルであれば、コロナ症状の重症度による入院のリスクが90%減少します。このことを示す多くのプラセボ対照試験が世界中で行われています。単なる相関関係ではなく、科学的な事実です」 「データから明らかになっている死因として、高サイトカイン血症が挙げられます。(ビタミンD)が中レベルの範囲にあれば、高サイトカイン血症が起こることはなく、コロナで死ぬことはありません」

動画

元記事はこちら

you might also like

Japanese researchers 3D print lab-grown Kobe beef

RAEL’S COMMENT: Ver …

「どうして何もしなかったのか?」 と人々は私達に尋ねる

ラエル氏のコメント: 前々から一部の人々は「黄色い …

世界はコロナ狂になってしまった

ラエル氏のコメント: つまり、ウイルス性疾患にかか …

今、我々がアフガニスタンで目の当たりにしているのは、「サイゴン時」の歴史的な繰り返し

ラエル氏のコメント: 「アフガニスタンの人々は、よ …