コロナウイルス:セルビアでの抗議行動後にベオグラードの夜間外出禁止令が廃止に

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
人々のパワーです! セルビア人には、他の国に比べて羊が少ないですね。 フランス政府が外出禁止令を出したことには驚きませんでしたが、人権と革命の国民性を主張する国が、大々的に抗議することなく、この外出禁止令に従ったことには、さすがに驚きました。 何百万人ものフランス市民が街頭に出ていれば、国家警察は何もできませんでした。何百万人もの人を逮捕することはできませんから。 その代わりに、ロボットのように服従し、自宅の中に留まっていたのです。 最終的な数字によって、自宅待機が役に立たなかったことが証明されるとき、私はフランス人が偉大な革命の精神を取り戻すことを願っています。 数世紀前に王を殺すに至らせたものです。 黄色いベストをまとったものです。 確かに、フランス当局による次の虐待は、はるかに強い反乱を巻き起こすでしょうし、革命すら起きることを期待しましょう。

 

セルビア政府は、2昼夜にわたる首都での抗議行動を受け、ベオグラードで予定していた、コロナウイルスによる週末の外出禁止令を課す計画を破棄した。

アナ・ブルナビッチ首相は、10人以上の集会の禁止を含む、より限定的な措置を発表。

アレクサンダル・ヴチッチ大統領は、感染症の増加による夜間外出禁止令を望んでいた。

人権団体は、当局の強引なやり方を非難し、自制を促していた。 数十人の警察官やデモ隊が負傷している。

抗議者は木曜日の夕方に再び集まっているものの、国会前の地面に座り込んでいる状況だとBBCセルビアが報道。

彼らは、前夜に衝突を始めた暴力的なグループから自身たちを区別したいと言っている。 ヴチッチ大統領は、このような事態に乗じてトラブルを巻き起こしたとして、極右ナショナリストを非難している。

抗議行動の第一夜は火曜日の夜に国会の外で平和的に始まったが、その後暴力的になった。 群衆は建物に侵入し、警察が介入する事態に。

2泊目となる水曜日の深夜も数千人が抗議を継続し、感染急増は政府のせいによるものと訴えた。 ニスやノヴィ・サドを含む他の都市でも抗議行動が報告されている。

 

https://www.bbc.com/news/world-europe-53353854?fbclid=IwAR3wvNfDvYINrW29eDwdA7DDqGM-zqK11YfesJxGIxfL3FUMlF5261Lp0JE

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like