コロナ混乱後の映画館&劇場の閉鎖に関して裁判所が判断を下す

ラエル氏のコメント:
ようやく、いくつかの真の民主主義国で、人権の尊重を強いる司法制度が動き出しました。

この閉鎖措置は、オミクロン株の拡散を抑制するために導入されたもので、パフォーマーや会場からは不評を買っていました。

ベルギーの裁判所は、政府による映画館や劇場などの娯楽施設の閉鎖措置を覆しました。 ワクチンパスの必要性など、これまでの制限措置も同国の裁判所で取り消されています。

アレクサンダー・デクロ首相が閉鎖を発表してから約1週間後の火曜日、ベルギーの最高行政裁判所である国務院が決定を下したものです。 娯楽施設の閉鎖に加えて、デクロ首相はスポーツスタジアムへのファンの入場を禁止し、店舗の収容人数制限を強化していました。 ベルギーだけではなく、デンマークやオランダも同様のルールを導入しています。

この判決は、俳優、パフォーマー、映画館経営者などを代表する組合が、政府に決定の撤回を訴えた後に下されたものです。 政府を「侮辱、差別、虐待」と非難した後、数千人の娯楽産業従事者とその支援者たちは日曜日、ブリュッセルでデモ行進を行っていました。フランク・バンデンブルーク厚生大臣は火曜日、国営放送RTBFで「決定を直ちに覆す可能性はない」と述べたものの、その効果は発揮されませんでした。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。