コヴィドよりも致命的? 米国でのロックダウン自殺者が急増する中、医療者は警鐘を鳴らす – 保健当局はそれが起こることを知っていた

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
私たちはみな外に出かけて太陽と新鮮な空気を浴び、鳥や蝶が舞うのを眺める必要があります。 家に留まっているのは、ウィルスよりも遥かに危険なことです。

 

壊滅的なロックダウンの2ヶ月後、カリフォルニアのあるクリニックの医師は、コビド19人の死亡者数よりも多くの自殺者を見たと言っています。 しかし、警告の兆候は初日からありました。 なぜ無視されてきたのでしょうか?
「我々は、過去4週間で自殺未遂の1年分相当を見てきました」語るのは、カリフォルニア州ウォルナットクリークにあるジョン・ミューア医療センターの主任外傷外科医であるマイクデボワスブラン博士です。木曜日に地元メディアに語ったところによると、センターではコロナウイルスによる死亡よりも、2ヶ月間のロックダウン期間中における自殺者の方が上回っていることを確認したといいます。

自殺未遂の数は「前例がないほど」だけでなく、その深刻さも同様であるとクリニックの外傷看護師ケーシー・ハンセンさんは話します。 「これほど多くの意図的な傷害を私は今まで見たことがありません」と証言する彼女は、さらに、死者のほとんどは若い成人であり 「助けを求めて泣く」という明らかに自殺をほのめかす行為は伴っていなかったといいます。 「彼らは死ぬつもりでいます」

 

https://www.rt.com/op-ed/489584-covid-lockdown-suicide-deaths/?fbclid=IwAR0L4JMspZJ3IURZ5tZd20q43M5e726w0oSzMTbvyC5IRobUJCyY-hLGlDc

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like