コーランよりも聖書の方が「暴力が多い」ことがテキスト分析で明らかに

ラエル氏のコメント:
狂信的なシオニストが狂信的なイスラム教徒よりもはるかに暴力的なのはそのためです。 それが文化というものです! また、仏教徒に暴力がほとんどないのも、仏陀の教えに暴力がないからです。 私たちの宗教は、私たちの脳、特に子供の脳をプログラムするのです。

コーランが聖書よりも暴力的であるかどうかを分析したところ、キリスト教のテキストではイスラム教のテキストよりも、殺害や破壊が頻繁に登場することがわかりました。

ソフトウェア・エンジニアのトム・アンダーソン氏は、ユダヤ教やキリスト教に比べ、コーランが本当に暴力的なのかどうかを調べるため、それぞれの聖典のテキストを処理し、最も暴力的な記述箇所を探しました。

アンダーソン氏は、ブログで次のように説明しています。「このプロジェクトは、イスラム原理主義に関連したテロリズムは、他の主要な宗教と比較して、イスラム教の本質的で明確な暴力性を反映しているのかどうかという、現在進行中の社会的な議論に触発されたものでした」

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …