シェリーヌ・アブー・アクレさんの死について調査を求める声が高まる

ラエル氏のコメント:
制裁措置??? = 0.00000

アナドル通信によると、国連、米国、英国、EUは水曜日、アルジャジーラのベテラン記者であるシェリーヌ・アブー・アクレさんが、占領下のヨルダン川西岸で発生したイスラエルの襲撃で死亡したことについて、徹底した調査を行うよう要請したとのことです。

アブー・アクレさん(51歳)は、ジェニン市でのイスラエル軍の襲撃を取材中に射殺されました。 パレスチナ保健省によると、もう一人のジャーナリスト、アリ・アル・サムーディさんは背中を撃たれたということです。

国連中東和平プロセス特使のトール・ウェネスランド氏はツイッターで、「今朝、ヨルダン川西岸のジェニンでイスラエル治安部隊の作戦を取材中、実弾で撃たれたアルジャジーラの記者、シェリーヌ・アブー・アクレさんの殺害を強く非難する」と述べています。

「私は、即座に徹底的な調査を行うことと、責任者に対する責任追及を求めます。メディア関係者が標的にされることは決してあってはなりません」とも添えています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。