ジェラール・ドパルデュー氏、レイプ容疑で起訴

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
起訴を受けても有罪判決と同然というわけではありません。単純に裁判が開かれるということであり、関係当事者の罪が認められたら、有罪判決が下されることになります。真の正義が果たされる前から、ネット上で有罪扱いをしているのは、過去に人々が公共の場で吊るされたり、焼かれたりすることにつながった風評被害の恐ろしさに通ずるものがあります。そのような風評が生み出す精神的損害については語られず、時には無実の人を自殺に追い込むこともあります。警察や裁判官に仕事をさせてあげてください。彼らが人々を起訴し、それを遂行してくれるのですから。

72歳の俳優が起訴されたのは12月のことでしたが、そのニュースは今に至るまで明るみに出ていませんでした。 フランス通信社が司法筋の話として、この起訴について最初に報じたものです。 当局に追加情報を得ようとしましたが、連絡を取ることはできませんでした。

AFP通信によると、同俳優は2018年8月にパリの自宅で起きた疑惑の事件に端を発し、レイプと性的暴行で起訴されているということです。

当初、この事件は2019年に無罪で終結したものの、昨年に再び捜査が再開されたと報じられています。 当局が何をきっかけに事件を再開したのかは明らかになっていません。

この俳優の弁護士Hervé Témime氏はフランスのル・モンド紙に対し、ドパルデュー氏は「告発された事態に全面的に異議を唱えている」と語っています。 Témime氏は追加コメントを求められたものの、すぐには応じませんでした。

続きを読む

元記事 (投稿記事のコメント欄下部)

you might also like

コロナ・ワクチンにノー

ラエル氏の見解: 私はきっぱりとコロナ・ワクチンに …

米軍、シリアの占領ガス田付近で「間接的な」ロケット攻撃を受ける

ラエル氏のコメント: アメリカによるもう一つの不法 …

神への信仰を信じていない彼ら

ラエル氏のコメント: 彼らの「全知全能の神」からの …

「また、何もしないことで不正を働くことも可能なのだ」

ラエル氏のコメント: パレスチナ人のために何もしな …