スイス:ワクチン接種を拒否した従業員を解雇?

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
また、このように言う人たちも中にはいます。「トイレへ行くのにマスクをつけても、この世が終わるわけではあるまいし」…。

労働組合は、「他の従業員の安全リスク増大」を引き合いに、ワクチン接種に非協力的な従業員の解雇を正当化するものとしています。

ギー・パルムラ連邦大統領は今週に発表を行い、3月1日からショップ、博物館、動物園が再開されると発表しましたが、その意気込みはほとんど感じられませんでした。 飲食店については、3月22日まで待たなければならないとのことです。 スイスでは、州、議会、多数派政党、中でもとくに経済界は、連邦評議会(政府)の脱連邦化問題への消極的な姿勢に対し批判が繰り広げられているからです。 非保菌者については、皆の自由を早く取り戻すよう、彼らは執拗に要求しています。 ローザンヌの日刊紙『ル・タン』の記事によると、スイスの機械、電気機器、金属産業(MEM)は、「国際的に認められた偽造防止証明機能を導入し、迅速に予防接種を進めるキャンペーン」を必要としているとしています。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

コロナウイルスから回復した著名人たち

ラエル氏のコメント: 恐怖心を存続させたいがために …

イスラエル政権から奪われたパレスチナ人の家

ラエル氏のコメント: パレスチナのイスラム教徒やキ …

批判されることなく自分らしさを貫く

ラエル氏のコメント: この人のようになることを選ぼ …

小さなウイルスが人類に謙虚さを教える

ラエル氏のコメント: ほんの小さなウイルスひとつか …