スカラ座、ロシアの作曲家を「キャンセル」するよう求める声に反論

ラエル氏のコメント:
政治的な活動によって文化が損なわれるようなことは決してあってはなりません。

このオペラハウスは、ウクライナ紛争によって文化作品が被害を受けることがあってはならないと述べています。

ミラノの有名なスカラ座は、ウクライナに対する軍事作戦を理由にロシアの文化を「罰する」べきではないと主張しています。

マネージャーは、ウクライナ領事からモスクワのプロパガンダの道具だと言われた後、ロシアの作曲家の作品を最新のプログラムに含めるという決定を擁護しました。

イタリアの通信社ANSAによると、ミラノのウクライナ総領事アンドレイ・カルティッシュは、スカラ座のCEOドミニク・マイヤー、ミラノ市長ジュゼッペ・サラ、ロンバルディア州知事のアッティリオ・フォンタナに書簡を送り、2022-2023シーズンのプログラムについて、 “プロパガンダの潜在的要素 “を避けるために「見直し」をしてほしいと頼んだといいます。

この外交官は、イタリアのウクライナ人コミュニティーの「大きな失望と後悔」を挙げており、「文化はロシア連邦によって、その偉大さと力の主張に重みを与えるために利用されている」としており、「そのプロパガンダに迎合することは、[in Moscow](モスクワの)政権のイメージ、ひいてはその悪しき野望と無数の犯罪を煽るだけだ」と主張しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Health is more important

RAEL’S COMMENT: Bet …

The Woman King

ラエル氏のコメント: ダホメ王国の女性戦士たちが、 …

命令に背いて少年を助けるドイツ兵

ラエル氏のコメント: 命令が愛に反しているときは、 …

「ブラック・ビッチ」を店名に掲げるパブが改名へ

ラエル氏のコメント: 政治的に正しい人たちが言葉の …