スペイン:ピレネー山脈で今週の水曜日の朝に-34.1°を記録

ラエル氏のコメント:
地球温暖化ですか? (笑)

 

スペインのカタルーニャ/ピレネー山脈では水曜日、気象観測史上最低の-34.1℃という気温を記録しました。スペインが寒さの記録を最後に更新したのは、同じ山脈の温度計が-32℃に下がった1956年2月2日のことでした。水曜日の記録的な気温は、山頂近くの小さな谷間で、穏やかな条件と晴天の下で発生しました。「山の側面から吹き付ける冷たい空気が、重力に引っ張られて下層に蓄積されました」と気象学者のセルジ・ゴンザレス氏はツイッターで述べ、近くの山頂の気温は20℃近く上回っていることを示しています。 カタルーニャ気象局によると、2020年は、1780年に記録が始まって以来、バルセロナで最も暑い年となりました。報告書によると、その夏は酷暑となりましたが、冬の気温の上昇はそれほど劇的ではなかったといいます。

スペインは今週、記録的な天候になる可能性があります。水曜日から日曜日にかけて吹雪、豪雨、さらなる気温低下、強風が予想されると気象庁が警告を出しています。

フィロメナと命名された嵐は、すでにカナリア諸島で大混乱を引き起こし始めており、一部の地域では1平方メートルあたり50リットル以上の雨を降らせ、イベリア半島に向かっています。マドリッドでは木曜日から歴史的な大雪が予想されており、当局はこの珍しい出来事に対応するため、準備を進めています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。