ソフィア・ナルウィッツ:被害者意識が人々の永遠の苦しみを望むカルト教団を形成している。 私はその呪縛から解放されたので知っている。

ラエル氏のコメント:過去に何があったとしても、それは今の貴方ではありません。 貴方は居ます。今にさえ居れば。 未来でもなく、過去でもなく:今です。 過去の出来事から生じるトラウマは、たんに自身で持続させていている幻想であり、唯一の重要なものである「今」に向き合うことを避けるための上手い言い訳に過ぎません。 新しい貴方におめでとう!

 

 

被害者文化が蔓延しています。 ゲームから政治まで、傷ついた感情の果てしないサイクルが、触れるものすべてを汚しています。 しかし、うつ病が急増している社会において、人々の人生を台無しにする思考態度に挑む時期が来ています。

子供時代、10代、20代の多くの時間は、私にとって良いものではありませんでした。 性的、精神的、肉体的虐待を受ける家庭で育った私は、容赦なくいじめられていた学校に通うしかなく、暗い空間に身を置くことが多い子でした。 20歳の頃に暴力的なレイプを受け、言うまでもなく私は幸せな人間ではありませんでした。

若い頃の自分の目を通して、私が知っていたのは被害者意識だけだったのです。 非常に多くの、様々な形での虐待経験に裏打ちされた感情。 そんなレンズを通して世界を見ていました。 私は自分の被害者意識で自分を定義し、そのように扱われたいと思っていました。

25歳の頃までは、いい人生を送っていませんでした。 自殺未遂が当たり前になっていて、私は必死に自分を甘やかしてくれる人を探していました。 私の対処メカニズムは貧弱で、自分の人生を赤ん坊のように扱ってくれる人たちのおだてに乗り、弱った頭の中の片隅に後戻りし続けていました。 もっと強くなるよう背中を押されることもなく、動揺ばかりしていた時期もありました。

私が自分の歴史をこんな風に詳しく述べているのは、甘やかされたり、赤ん坊のように扱われたり、安全な場所に身を置いても、怒りや落ち込み、自殺願望は改善されなかったからです。 私はずっと惨めなままでした。 踏ん張る足が見つからないのは、私には力がなかったからです。 抜け出し方を自分で学ぶことを拒否していたため、絶望の淵にはまってしまっていました。 被害者文化の罠とはこういった事なのです。

 

https://www.rt.com/op-ed/498040-victim-culture-abuse-suffering/?fbclid=IwAR0DrPP_S6A0dfJ8e-JaxBy2F55sLURvxmySDMsdDlbYUEhZi4SdDZbX7uo

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …