ソーシャルメディアでの荒らし行為に2年の懲役が下る可能性が

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
とても良いことです!

ネット上でのヘイトスピーチや虐待に対処するための英国政府の法律案によると、英国のソーシャルメディア利用者が、「心理的危害」をもたらすと判断されるメッセージを送信したり、コンテンツを投稿した場合、2年間の懲役刑が科せられる可能性がある、と報じられています。

デジタル・文化・メディア・スポーツ省は、政府が提出予定のオンライン安全法案の見直しプロセスの一環として、法律の焦点をメッセージの実際の内容から、潜在的な「有害な影響」に移すという提言を受け入れたようです。

タイムズ紙によると、この計画は閣議決定されており、ナディン・ドリーズ大臣は、来月の議会に提出される法案にこれらの項目を追加する予定です。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Earth’s core cooling faster than expected

RAEL’S COMMENT:  So …

Maitreya Rael awarded the title of Honorary Guide of Humanity to Novak Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

カナダ:ワクチン未接種者は特別税が課せられることに

ラエル氏のコメント: 「この日、Covid-19の …

コロナ混乱後の映画館&劇場の閉鎖に関して裁判所が判断を下す

ラエル氏のコメント: ようやく、いくつかの真の民主 …