ソーシャルメディアでの荒らし行為に2年の懲役が下る可能性が

ラエル氏のコメント:
とても良いことです!

ネット上でのヘイトスピーチや虐待に対処するための英国政府の法律案によると、英国のソーシャルメディア利用者が、「心理的危害」をもたらすと判断されるメッセージを送信したり、コンテンツを投稿した場合、2年間の懲役刑が科せられる可能性がある、と報じられています。

デジタル・文化・メディア・スポーツ省は、政府が提出予定のオンライン安全法案の見直しプロセスの一環として、法律の焦点をメッセージの実際の内容から、潜在的な「有害な影響」に移すという提言を受け入れたようです。

タイムズ紙によると、この計画は閣議決定されており、ナディン・ドリーズ大臣は、来月の議会に提出される法案にこれらの項目を追加する予定です。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。