チベットの古代葬儀「空葬」

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
私が死んだ後の死体の処理として、それも私の希望する方法のひとつです。

チベットの古代葬儀である「空葬」(からとむらい)は、現在でも広く行われているもので、亡くなった人の遺体をハゲタカに食べさせるというものです。 一般的な慣習における特定様式になります。

中国のチベット、青海、四川、内モンゴルの各省・自治区や、モンゴル、ブータン、インドのシッキムやザンスカールなどの地域で行われています。 その準備と空葬が行われる場所は、密教の伝統として尸林(しりん)とされています。

ゾロアスター教の埋葬方法では、「ダフマ」と呼ばれる石造物の上で、死者を風雨や猛禽類にさらす事が行われており、これに似た習慣があります。 宗教的に疎外され、都市化が進み、ハゲタカの個体数が減少したため、現在ではこのような場所はほとんど残っていません。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

アメリカ発見の “起源” を問う古文書

ラエル氏のコメント: アメリカを “発 …

見る者に非常な満足感を与える男性

ラエル氏のコメント: これが生きているということで …

ヒトに存在する新たに発見された微生物

ラエル氏のコメント: 必見です! ラウール氏は、進 …

オルバン氏率いる4カ国は、移民を受け入れず中絶反対の政策をとったことでEUと衝突することに

ラエル氏のコメント: もっと子供を作り、外国の子供 …