チベットの古代葬儀「空葬」

ラエル氏のコメント:
私が死んだ後の死体の処理として、それも私の希望する方法のひとつです。

チベットの古代葬儀である「空葬」(からとむらい)は、現在でも広く行われているもので、亡くなった人の遺体をハゲタカに食べさせるというものです。 一般的な慣習における特定様式になります。

中国のチベット、青海、四川、内モンゴルの各省・自治区や、モンゴル、ブータン、インドのシッキムやザンスカールなどの地域で行われています。 その準備と空葬が行われる場所は、密教の伝統として尸林(しりん)とされています。

ゾロアスター教の埋葬方法では、「ダフマ」と呼ばれる石造物の上で、死者を風雨や猛禽類にさらす事が行われており、これに似た習慣があります。 宗教的に疎外され、都市化が進み、ハゲタカの個体数が減少したため、現在ではこのような場所はほとんど残っていません。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …