テキサス州のアボット知事、職員にフェイスマスクを要求することを禁止/要求した者には1,000ドルの罰金を導入

ラエル氏のコメント:
すべての国々が一刻も早く同様の措置をとることを期待しましょう。

グレッグ・アボット知事が火曜日にフェイス・カバリングの規則に関する行政命令を発表したことにより、米国テキサス州の各政府機関は、6月4日から学校などでマスクの着用を義務付けることが禁止されます。

アボット知事の事務局が声明で発表したところによりますと、今回の措置により、郡、市、学校区、公衆衛生局、政府で働く職員たちは、人々に顔を覆うことを要求できなくなります。

5月21日以降、テキサス州でマスク着用を強制しようとする地方自治体や役人には、最高で1,000ドルの罰金が科せられる可能性があります。

学校については、6月4日までは既存のガイドラインに従うことができ、国営の病院や拘置所はアボット知事による行政命令の対象外となります。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …