テキサス州のアボット知事、職員にフェイスマスクを要求することを禁止/要求した者には1,000ドルの罰金を導入

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
すべての国々が一刻も早く同様の措置をとることを期待しましょう。

グレッグ・アボット知事が火曜日にフェイス・カバリングの規則に関する行政命令を発表したことにより、米国テキサス州の各政府機関は、6月4日から学校などでマスクの着用を義務付けることが禁止されます。

アボット知事の事務局が声明で発表したところによりますと、今回の措置により、郡、市、学校区、公衆衛生局、政府で働く職員たちは、人々に顔を覆うことを要求できなくなります。

5月21日以降、テキサス州でマスク着用を強制しようとする地方自治体や役人には、最高で1,000ドルの罰金が科せられる可能性があります。

学校については、6月4日までは既存のガイドラインに従うことができ、国営の病院や拘置所はアボット知事による行政命令の対象外となります。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Orban’s gang of 4 rejecting immigration in favor of pro-family policies

RAEL’S COMMENT:  Ma …

EUの外交政策責任者が「我々の」アフリカに立ち入らないようにと告げる

ラエル氏のコメント: ヨーロッパ人がアフリカを自分 …

Windows 3.0を紹介するビル・ゲイツ

ラエル氏のコメント: そして、人々はワクチン接種に …

ハドソン川の伐採作業員たち(1907年 ニューヨーク州グレンフォールズ付近)

ラエル氏のコメント: 森林伐採によっていかに地球が …