ディディエ・ラウール博士に仕掛けられた5つの罠

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント
コミュニケーションの専門家からの素晴らしい分析です。 彼女が語っていることは、私を取材したフランスのメディアがやろうとしていたことと全く同じです。 私は彼らの罠にはまらず、公にそれらを暴露することはないので…彼らはもう私にはインタビューしません! ふぅ、おさらばです。 インタビューの申し入れがあるときは、この手のテクニックを使って私を陥れることはできないだろうと自分で諦めてもらうため、事前に彼らを試すこともあります。

 

人々が忘れているのは、偶然で教授にはなれないということです。 大学内の権力圏を舵取りしながら、システムに準拠する優れた能力を実証する必要があります。 ラウール教授は、反体制派ではないだけでなく、ある種の政治に精通しているため、自分に用意された粗雑な罠に陥るのを防いでいます。

 

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like