トイレットペーパーのために1日27,000本の木を伐採

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
そして、解決策は手の届く所にあります:日本では誰もがウォシュレットを使用しています。ウォシュレットは水でお尻を洗い、肛門をより清潔にしてくれます。

「ウォシュレット」とは、ビデに名付けられた日本でのブランド名です。(ヒトの性器、会陰、内股、肛門を洗浄するための最新のトイレ用補助器具)

World Watch誌の最新号によると、世界では1日に約27万本の木がトイレに流されたり、ゴミ捨て場に捨てられたりしており、そのうちの約10%がトイレットペーパーに起因しているそうです。

「その一方で、人口の増加、欧米のライフスタイルの採用、発展途上国の衛生環境の改善などにより、トイレットペーパーの使用量が増加している」とする同誌では、 「その結果、北半球と南半球の両方の森林が、消費者の需要を満たすために競争する製紙会社によって乱伐されている」と述べています。

ワールドウォッチ研究所のニュースリリースでは、著者のノエル・ロビンズが、「開発途上国におけるトイレットペーパーの需要が着実に増加していることが、トイレットペーパーのメーカーが世界中の森林に影響を与えていることの重要な要因である」と記しています。 「そして、原生林の使用を減らし、中止するようにという圧力が高まり、木材を栽培する動きが出てきています」

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

死を歓迎しましょう!

マイトレーヤの投稿文: 人々は今、死ぬことを恐れて …

マダム・ジャンヌ=ルイーズ・カルマンの紹介

ラエル氏のコメント: まさに素晴らしい例ですね。彼 …

バイデン氏、予防接種後のマスク着用を擁護

ラエル氏のコメント: 米国大統領が「世界に向けてメ …

死の危険性があっても生きることの方がいい

ラエル氏のコメント: ようやく人々は、死を避けて生 …