トリップアドバイザー社、評価者を法的に訴えたタイのホテルをめぐってユーザーに警告

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
商品やサービスに関するレビューを投稿するのは、基本的な自由です。

 

トリップアドバイザー社は、顧客からネガティブなレビューを受けたタイのホテルが法的な手段に出て、投稿者が逮捕される事態が発生したと警告しています。

米国籍のウェズリー・バーンズさんが、旅行口コミサイトに「シービューリゾート」の辛辣なレビューを投稿したものです。

彼はその後、タイの厳格な名誉毀損防止法に基づいて拘束され、起訴されました。 その後、公開謝罪文を発表して釈放されました。

現在、トリップアドバイザー社は反撃に出ています。

先週、バーンズ氏がタイを出発した時、武勇伝は終わったように見えました。

しかしトリップアドバイザー社は、ホテルのページに警告通知を残してとどめの言葉を述べました。

そこにはこう書かれています。「このホテルまたはこのホテルに関係する個人は、旅行者がオンラインレビューを書き込んで投稿したことに関連し、トリップアドバイザー社の利用者を刑事告発しました。その結果、レビュアーは刑務所に入れられました」

さらにはこう結んでいます。「当ホテルは現地の法律に基づいて法的権利を行使している可能性がありますが、お客様にお知らせするのが私たちの役割ですので、旅行プランを調査する際にはこの点を考慮に入れてください」

警告はサイト内では初めてのことです。

トリップアドバイザーは声明の中で、「良いことも悪いことも含めて、すべての旅行者が自分の旅行体験を書く権利」を信じていると述べています。

「トリップアドバイザーは、チャン島のシービューホテル&スパのような企業が、現地の法律を利用して意見を表明した人を刑務所に送るような行為に強く反対しています」

BBCはホテルにコメントを求めています。

同ホテルはニューヨーク・タイムズ紙に「深く失望した」と伝え、「トリップアドバイザーの警告メッセージは極めて誤解を招くもので、完全な情報が欠けている」と主張しています。

裏話としてこういう事がありました。

タイで働くバーンズ氏は、今年初めにシービューリゾートに宿泊したことがありました。

彼がレストランで食事をしているとき、自分のお酒を持ってきたことをめぐってスタッフと口論になったと言われています。

ホテルの声明によると、彼は「騒動を起こした」とし、マネージャーが介入したものの、最終的には放棄された栓抜き料の支払いを拒否したといいます。

チェックアウトをした後、バーンズ氏はトリップアドバイザーに否定的なレビューを投稿し、ホテル側は名誉毀損で訴え、9月に逮捕されました。

懲役2年の刑が下されていました。

ホテルは、彼のレビューが「捏造、再発、悪質」であると主張しました。

バーンズ氏は事件で職を失ったと述べ、事件で彼の風評が広がり、再就職を難しくすると懸念を表明しています。

複数のネガティブなレビューが掲載された後、キャンセルや従業員の待遇に関する問い合わせがあったといいます。

当のアメリカ人が「シービューを悪意を持って誹謗中傷するような虚偽の発言を繰り返していた」と謝罪した後、この訴訟は最終的に不起訴となりました。これらのレビューは怒りと悪意から書かれたものだったのです。

https://www.bbc.com/news/world-asia-54914768?fbclid=IwAR2jVwzaTqWioy2ChHsoIkFVboiCO99pWaAEtFrk4isfWb_ufed0Zdg12Eo

真実はここに

Intelligent Design A Message from the Designers by Rael
.

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

オーストラリア、太平洋を横断した米国の鳩を殺処分へ

ラエル氏のコメント: つまり、ロックダウン検疫や健 …

ブルース・ウィリス氏、マスク着用を「拒否」したため退店するよう求められる

ラエル氏のコメント: みんな同じようにして下さい。 …

ネタニヤフ首相、ユダヤ人入植者のため西岸に800軒の住宅建設を進めるようよう政府に指示

ラエル氏のコメント: 植民地化が進んでいます。 完 …

Twitterがトランプ氏のアカウントを永久停止したことを受け株価が暴落

ラエル氏のコメント: 検閲者への最高の罰です: & …