ドイツの裁判所が地域のロックダウンに違憲判決/「政治的に強い反発を招きかねない」可能性が

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
すべての国で下されるべきです!

 

ドイツの地方裁判所は、昨年春にチューリンゲン州の中央州政府が課した 厳格なロックダウンを違憲と断じた上で、これに違反したとして告発されていた被告人には無罪を言い渡しました。

ある男性が友人と誕生日を祝ったことで、ドイツの厳格なロックダウン規則に違反したとされる些細な事件について、ドイツのメディアは「政治的に強い反発を招きかねない」と評しています。 ワイマール市の地方裁判所は、被告を無罪にしただけでなく、当局自身がドイツの基本法に違反していると述べました。

テューリンゲン州が春に行ったロックダウンは、「人々の生活のほとんどすべての分野に劇的な結果をもたらす、壊滅的なまでに間違った政治的決定である」と、裁判所は判決理由を述べています。 特に、個人的な集まりの上限人数として、その一世帯の構成員と、外部からの一人までに制限していることを非難しています。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

コロナ・ワクチンにノー

ラエル氏の見解: 私はきっぱりとコロナ・ワクチンに …

米軍、シリアの占領ガス田付近で「間接的な」ロケット攻撃を受ける

ラエル氏のコメント: アメリカによるもう一つの不法 …

神への信仰を信じていない彼ら

ラエル氏のコメント: 彼らの「全知全能の神」からの …

「また、何もしないことで不正を働くことも可能なのだ」

ラエル氏のコメント: パレスチナ人のために何もしな …