ドイツ:住民が地方の外出禁止令を解除させるという偉業を達成

ラエル氏のコメント:
この狂気を止めるため、誰もが法的救済手段を行使しなければなりません。 裁判官や弁護士は、政府や警察が頼りにならないときに、自由を執行するため存在しているのです。

バーデン・ビュルテンベルク州に自由の風が吹いています。 2月11日から部分的な監禁状態がドイツに君臨しているにもかかわらず、フランスと国境を接する土地のいくつかの町や地区では、もはや外出禁止令に従う必要がなくなりました。 地域の中心部にあるチュービンゲンのある住民がこの制限に異議を唱え、裁判で勝訴したことにより、関係自治体も恩恵にあずかる形となりました。

この匿名のドイツ人が、自身が不要と考えたこの措置を終わらせるため、実際にマンハイムの行政裁判所に緊急差止命令を申し立てたことによるものです 判事は、健康状態から見て外出禁止令はもはや正当化されないと考え、最終的に彼に同意しました。 判事は特に、バーデン・ビュルテンベルク州での発生率について論じましたが、その中で、クリスマス・シーズン時、住人10万人あたりの新規感染者数は200件だったものの、2月9日(火)には59件にまで減っていることが取り上げられています。詳細については『アルザスの最新ニュース』を参照ください。 一般的な門限は正当化されず、移動の自由という基本的権利さえも侵害していると判断されました。

バーデン・ビュルテンベルク州にある44地区のうち、18の町と地区において夜間外出禁止令が解除されることになりました。 その中には、フランスとの国境に接する3つの地区(ラスタット、エメンディンゲン、フライブルク)と、近隣の3つの町(カールスルーエ、バーデン・バーデン、フリブール)が含まれています。 一方、これらの地域社会のうち1つでも、10 万人の住民あたり50人の陽性者が発生すると、すぐに外出禁止令を元に戻す必要が生じます。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。