ナイジェリアは教育現場で英語の放棄を望んでいる

ラエル氏のコメント:
お手本となるものです。

ナイジェリアは、初等教育において、公用語である英語を差し置いて、現地語を普及させる意向です。 適用範囲はまだ不透明ながらこの改革案が発表されましたが、625の現地語が混在するこの国では、すでに多くの疑問が投げかけられています。

ナイジェリアは11月30日、小学生に母語を義務教育言語とする新たな国家言語政策を決定した、とVanguard Nigeria紙は報じています。 この政策は、教育大臣が主導し、ムハンマド・ブハリ大統領が議長を務める連邦執行評議会(FEC)で承認されたものです。

アルジャジーラの報道によると、まさに言語のモザイクであるこの国において、この改革はナイジェリアの625の現地語の使用を促進することを目的としているとのことです。 実際、最初の6年間は母国語で授業が行われることになっています。 カタールのメディアは、マラム・アダム教育相の発言を引用し、「生徒に応じて、地元コミュニティの言語が使われる」と報じています。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

旧植民地がフランス軍に退去を命令

ラエル氏のコメント: 朗報!

ジョン・ケリー氏がダボス会議で「宇宙人」に言及したスピーチを行って論議を呼ぶ

ラエル氏のコメント: 億万長者のイーロン・マスク氏 …

中国が驚くべき人口数を明らかに

ラエル氏のコメント: 朗報です!