ノバク・ジョコビッチ選手は、COVID-19ワクチンに対する立場により最初のグランドスラムに参加しない見込

ラエル氏のコメント:
トップレベルのアスリートがワクチンを拒否しているのは素晴らしいです。

世界No.1のテニスプレーヤー、ノバク・ジョコビッチ選手は、予防接種が強制される条件下では、おそらく全豪オープンに参加しないだろう、と同選手の父親は11月28日に語りました。 父親は主催者側の「脅迫」を嘆いています。

ノバク・ジョコビッチ選手は、メルボルンで9目のタイトル獲得を果たした去年の2月、コビド19の予防接種を受けたかどうか明言することを拒んでいました。 1月17日から30日まで開催される来年最初のグランドスラム大会会長のボス、クレイグ・タイリー氏は先週の日曜日、セルビア人が「プレーするには予防接種が必要だ」と宣言しています。 一方、ノバク・ジョコビッチ選手は、10月末に「条件が正式に明らかになった時点で」決断することを発表していました。

ノバク選手の父、スルジャン・ジョコビッチ氏はセルビアのチャンネルPrva TVで、「もちろん、彼は心から行きたいと思うだろう。彼はスポーツマンだし、ノバクに会えることを喜んでくれる同胞や仲間もたくさんいるからね」と語っています。 「でも、本当にそうなるかどうか、私には分かりません。おそらくこの条件下では無理でしょうし、このような脅迫が行われている中では、そうなるでしょうね」

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。