ハイチの独立とその負債

ラエル氏のコメント:
フランスはこの偽りの「負債」を(莫大な利子をつけて)ハイチに返済すべきです。

1804年、ハイチは島にいたフランスの植民地支配者からの独立を宣言しました。 この反乱は自由への長い道のりでした。 奴隷の反乱は1791年8月22日に始まり、1804年に西半球初の自由な黒人国家としてハイチの独立を宣言し、幕を閉じたのです。 フランスは1825年、ハイチが独立したにもかかわらず、新たに自由になった黒人国家に対し、今日の210億ドルに相当する負債を支払うことを要求して戻ってきました。 この債務に関するフランスの言い分として、奴隷所有者への賠償金と、彼らが採算性の高い砂糖とコーヒーのプランテーションに変えた土地の財産に対する補償に応じたものということでした。
借金はフランスの銀行とアメリカのシティバンクによって融資され、 1947年に完済されました。

イラストにはこう記されています。『ハイチの子供たちの王、アンリ・クリストフの絵画』 (ハイチ・ナショナル・パンテオン博物館所蔵)

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …