バイデン氏、予防接種後のマスク着用を擁護

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
米国大統領が「世界に向けてメッセージを送っている」と主張していますが、この男は、他の西側の旧帝国主義国の大統領と同様に、完全な幻想の中に生きており、彼のスピーチに耳を傾けているのは米国人口の4分の1にも及びません。アメリカの人口3億3000万人は、世界人口の5%にも満たないのです。 そして、世界のほとんどの人々は、米国大統領の名前が何であるかさえ知らず、アメリカ人が中国やインドの首相の演説を聞かないのと同じように、その名を知っている極少数の人々すら、ほとんど誰も彼の演説を聞いてはいません。自分たちが世界の中心だという、米国大統領のいつまでも変わらぬ幻想です…。

ジョー・バイデン大統領は、コヴィド-19のワクチンを完全に接種しているにもかかわらず、フェイスマスクの着用を続けている自身を擁護し、「愛国的」な義務だと語りました。
金曜日に放送されたNBCの「Today Show」のインタビューの中で、司会者のクレイグ・メルビン氏はバイデン氏に、米国疾病管理予防センター(CDC)が完全にワクチンを接種した人はマスクをする必要がないと言っている今、屋外でマスクをし続けるかどうかを尋ねました。

「もちろん」と答えたバイデン氏は、外で人に声をかけられる可能性が「とても高い」と付け加えました。

大統領は、もし自分がメルビン氏の近くに座っていたら、「二人ともワクチンを接種しているにもかかわらず」マスクをしていただろうと主張し、その上で、フェイスマスクを「絶大な効果をもたらす小さな予防策」と呼んでいます。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Faroe Islands reviewing traditional dolphin hunt following slaughter

RAEL’S COMMENT: The …

Japanese researchers 3D print lab-grown Kobe beef

RAEL’S COMMENT: Ver …

Amazing Walk on Christ the Redeemer

RAEL’S COMMENT: An …

「どうして何もしなかったのか?」 と人々は私達に尋ねる

ラエル氏のコメント: 前々から一部の人々は「黄色い …